電車通学で防犯方法を心がけておくべき理由

日本は、他国と比べて治安がよい国と言われています。白昼街中で引ったくり被害に遭うとか、誘拐されるようなことはそう滅多にはありません。そのため安心して暮らしていけるものの、逆にそれが日々の防犯意識を下げてしまっていることもあるでしょう。滅多にないだけで犯罪発生件数はゼロではありませんし、日々どこかで大なり小なり何かは発生しています。ですので、自分を守るという意識は常にもっておくことが望まれます。さて、それは自宅の周辺だけではなく外出先でも同様です。例えば子供が学校へ行くことなども考えられます。その際、電車に日々乗るのであれば、それに特化した対策をしなければならないでしょう。以下では、電車通学で心がけておくべき防犯方法などについていくつかご紹介します。

通学中の子供が電車の中や駅で遭遇することについて

一般的に電車を使って学校に通うことは、年齢が高くなるほど多くなってきます。しかし小学生であっても私立の場合や、公立でも地域によっては遠くまで行かなければ学校がない場合もあります。そうなるとどうしても電車通学しなければならない場合も出てきます。近所に同じ学校へ通う友達がいればある程度は安心ですが、一人で通学となると心配になるでしょう。混雑している電車の中では男女問わず痴漢の被害に遭うかもしれませんし、盗難に遭うかもしれません。様々な年齢層が利用しているので、もし喧嘩を吹っかけられて暴力を受けたりしたら、子供の力では負けてしまいます。そのようなことがなくても小学生のように背が低い場合、大人の方が気付けなくてぶつかり、こかされてしまうこともあるでしょう。

電車通学で知っておきたい、また子供に教えておくべき防犯対策

さて、先ほど紹介した中でもいくつかのことに注意しておけば、遭わずに済むこともあります。まず痴漢ですが、これは混雑している車内での立ち位置に気をつけたいです。例えば人に背中を向けると被害に遭いやすくなります。いざという時には防犯ブザーも役立ちます。盗難防止には財布に紐をつけておくとか、蓋をちゃんと閉じることが出来る鞄を使うのがよいでしょう。ところで子供の話し声に嫌悪感を持つ大人は少なからずいます。大勢にいるだけでうるさいと感じる人もいます。電車の中ではマナーを守らなければならないことを子供に繰り返し言い聞かせておいた方が無難です。後、ホームで電車を待つ際は、列の先頭に立つことは避けた方がいいでしょう。ぶつかられて線路に転落する可能性があります。暴力を受けたり、何かいいがかりなどをつけられたらすぐにその場から逃げるか、迷わず周りの大人や駅員へ助けを求めることを教えておくとよいです。

子どもの居場所の確認だけでなく、残額確認やお迎え時間の予定が立てられるなど、便利にお使いいただけるサービスです! JR東日本のアプリで通知を受けることも可能となっております。 当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 ピッと防犯で安心通知!!電車通学にはまもレール