防犯策を知り電車通学を安全に過ごしましょう

「不審者」の犯罪を耳にする機会は今なお多くある状態です。一方で、通う学校によっては子供だけで電車を駆使して通学するということを避けることはできません。そのような電車通学にあたっては、その身を守ることができるのはほかでもない本人だけです。そのため、そのような電車をはじめとしたリスクを伴う通学を余儀なくされる場合には「防犯策」に関する知識や実践できるグッズを身に着けることが非常に重要です。そのような知識はいずれも役に立たないに越したことはない一方で、万が一のことが起きてからでは遅いと言えます。考えたくはありませんが万が一に備えてできることはすべてしっかりと行っておくのが良いでしょう。これにより、その不安を少しでも軽減することができるためです。

おすすめの防犯対策はグッズを持つことです。

「電車通学」にあたってぜひとも実践をおすすめしたい防犯策の代表は、やはり「グッズ」を身に着けるというものです。その効果の高さから学校や地域の活動の一環としても、身に着けることが推奨されているということも多いことでしょう。よくあるオーソドックスなものとしては「ブザー」があげられ、古くから普及している存在ゆえにみなさんご存知のところだと思います。特に幼い子でも使いやすく手にもなじみやすいデザインのものも多く、さらに鞄などに携帯しやすいものが多いので、1つは持っておきたいアイテムと言えます。ただし、小さい子供は予想外の行動をとることも多いのでできるだけ壊れにくい防水機能が付いたものを選ぶのがおすすめです。万が一の時に動かないといったことがないよう丈夫なものを選びようにしましょう。

学校や公共機関を上手に活用しましょう。

このように「電車通学」にあたってはグッズを身に着けることも非常に効果的な対策と言えますが、それだけに頼るのはおすすめできません。そのような中でぜひとも利用をおすすめしたいのが、学校や公共機関の子供見守りサービスを積極的に利用する、というものです。学校の中には朝の通学時と帰宅時に門を通るとお知らせしてくれるサービスを提供しているところも近年では多いです。公共機関の改札口についても、類似のサービスを知恵狂している場合も多くあります。どちらも事前の登録が必要となるので、ぜひとも上手に活用して安心して帰宅を待てるよう提供しているサービスを上手に活用するのが良いでしょう。また、キッズケータイやGPS機能の付いたグッズもおすすめです。ぜひ参考にしてみて下さい。