電車通学ならではの最新防犯サービスを紹介

いつの時代も酷い犯罪は起きるものです。こればかりは良い人間のみで構成されている世界というものがありませんので仕方ない面もありますが、仕方がないと済ませて犯罪に巻き込まれたのでは目も当てられません。今も昔も、自分の身は自分で守る努力をしていくことが必要になるでしょう。特に子供さんがいる家庭においては、防犯面に関してはどれだけ心配しようとも考えすぎるということはありません。では、電車通学をするようになる小学校から高校生までの子供さんは、どのように危険から身を守るための行動が出来るでしょうか。最近出ている様々な防犯グッズなどを紹介していきますので、ぜひチェックして我が子が安全に通学できるよう、危険なところに行かないように親御さんは見守っていきましょう。

GPSを使い居場所を特定する商品

携帯電話が発売され、子供用の携帯電話が出始めたころから、GPSを使って我が子の居場所を確認出来るようになりました。現在では子供もスマートフォンを使いますが、家族で同じアプリをダウンロードして居場所を確認しあうことが出来ます。電車通学の子供達が使える防犯グッズとして、やはりこのGPSを活用したものが出てきています。例えばカバンにつけるGPSや、毎日の通学で使っているICカードで移動ルートを確認する方法です。これは普通に今まで通りにICカードをかざして改札を通れば、親には利用駅と通過時刻、そしてチャージ残高の通知がくるのです。これで我が子がどこにいるか、遅刻はしていないかだけでなく、寄り道をしていないかとか無駄遣いをしていないかとかも確認が出来るのです。

犯罪の抑止力となるのはやはりブザー

今や小学生にはマストアイテムとなっているのがブザーでしょう。多くの小学校が入学時に無料で配っていますが、それは電車通学をしている中学生や高校生でも勿論使えます。満員電車の中でならないようにするなどの配慮は必要ですが、怪しい人間に声を掛けられたときなどにはブザーをならすことで相手を驚かせることが出来るのです。防犯ブザーは1000円以下で購入出来るお手ごろ価格のものも少なくありませんので、ぜひ1つは購入してもたせましょう。特に痴漢にあいやすい女子生徒などはブザーを持っているだけで安心できることもあります。注意点としては電池切れをよく起こすので、まめに電池の残量を確認する必要があることでしょう。しかしそれを親子で点検することで、犯罪に対しての意識も生まれます。